『ピラティス腰痛治療・東京』坐骨神経痛の痛みピラティスで改善しました!

2021/03/16

『ピラティスで腰痛改善!』

おはようございますlaugh

うすざわ接骨院、院長の臼沢 和広です。

 

今回のブログでは5メートルしか続けて歩けなかった坐骨神経痛の患者様の治療について書きますyes

 

ブログの最後には治療風景の動画も載せていますので良かったら見てください!

 

写真の患者様は腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)という背骨の変形が原因で坐骨神経痛を発症する病気です。

 

症状もひどく初めは身体を真っ直ぐにおこせない状態で足の痛み、痺れも強く出ていましたcrying

 

普段からラジオ体操を日課にしていたりと健康に気を使われる患者様ですが今回痛みで何もできないことで困っていました…

 

脊柱管狭窄症は手術が必要な場合もありますので非常に怖い病気です。

 

私の治療の考え方としましては変形したせぼねが坐骨神経を圧迫しない姿勢を作ることです!

 

すべての例で良くなる訳ではありませんが、ほとんどの腰部脊柱管狭窄症の例で腰が通常より反っていたり、またそのことによって変形したせぼねが神経を圧迫し坐骨神経痛が出ているように思います。

 

今回の患者様は

◎弱っている筋力を鍛えること

◎硬くなったせぼねを柔らかくすること

をポイントにしピラティス(運動療法)で改善していきました。

 

ピラティスというゆがみを修正する運動をおこない少しずつ運動の強度を上げていき治療開始から1ヶ月ぐらいで痛みがでなくなりましたwink

 

まだ、たまにでる痛みはありますが日常生活が問題なく過ごせるようになったそうです。

 

痛み止めの薬や注射を何年も続けているが、すぐにまた痛みが再発し…これを何年も繰り返している方は根本的な原因が解決されていないと思います!

 

うすざわ接骨院では、1日でも早く痛みが改善できるように患者様にも治療に参加して頂いています。

 

今回の患者様も坐骨神経痛の症状が良くなりましたが次は治療に通うのではなく自分自身で痛みの再発予防ができるようにピラティスを丁寧にお伝えしていますsmiley

 

痛みでお悩みの方は是非うすざわ接骨院にご相談ください(^-^)/

 

 

 

うすざわ接骨院の得意治療

◎成長痛専門治療(オスグッド病・シーバー病)

◎足首のねんざ・肉離れ特別治療(早期改善・後遺症改善)

◎ピラティスを取り入れた治療(体のゆがみ・バランスの改善)

東京都葛飾区西水元5-13-3山田ビル1F

TEL&FAX 03-5660-6550

駐車場2台完備 予約制

院長 臼沢 和広