オスグッドで4年間続いたひざの痛み

2020/04/01

こんにちは👋😃

 

葛飾区西水元5丁目うすざわ接骨院の院長、臼沢 和広です!

 

今回のブログでは成長痛の一つオスグッド病について書きます。

 

成長痛とは成長期の段階の骨の部分に運動によるストレスなどが加わり痛みが発症する病名を言います。

 

その中でもオスグッド病とはひざのお皿から指3本程度下に位置する骨の出っぱり部分に痛みがでるものをオスグッド病といいます。

 

オスグッド病は病院でも確実に良くなる治療方法がないので治るまでの期間が明確に示せず長期間に渡ってひざの痛みで悩んでいる患者さんが多いです。

 

特にひざを曲げる動きで痛みがでます。

 

今回、題名と写真であげた患者様は中学2年サッカー少年です。

小学校5年からオスグッド病の痛みで悩んでいました…

 

 

 

今までひざの痛みを我慢しながらサッカーをやっていたようです(T-T)

 

症状ではやはりひざの屈伸が出来ませんでした。

 

(この様子は下記リンクに動画をのせていますので是非見てみてください)

 

うすざわ接骨院ではオスグッド病の痛みに対して専門治療をご用意しています。

 

うすざわ接骨院のオスグッド専門治療は患者さんにとって2つメリットがあります❗

 

①平均1~3回の少ない通院で症状が改善する

 

②痛みの再発予防ケアの仕方をお伝えします

 

今回の患者様は2回の通院で痛みがなくなり治療を卒業されました。

 

今後もサッカーで活躍して頂きたいです😊

 

オスグッドはいつ痛みがなくなるのか分からなくつらい思いをしている学生さんが多いです。

 

オスグッドでお悩みの方に必要な情報が届く事を願っています👊